寒いの苦手

趣味で雑記なグラブログ

長靴を長ーく使いたいならお手入れの勉強しましょう

time 2019/01/16

畑や田んぼ、山歩きに雨の日と使う時は決まって汚れが付きやすい使い方をします

 

だからといって汚れたままで保管しておくと痛みも早くすぐに使えなくなってしまいます

 

今回はたまにしか使わない長靴を長ーく使うためのお手入れを学びましょう

 

大きな汚れを落とす

まずは全体的に水で流して中性洗剤で洗っていきましょう

長靴の素材の多くは合成ゴムです

洗剤も中性洗剤(食器用洗剤とか洗濯用の洗剤とか)で問題ありません

しかし別に油汚れがついている訳でなければ流水で流してブラシ等でガシガシ洗ってください

汚れが取れたらタオル等でしっかりふき取って乾かしましょう

 

この時長靴の中まで濡らしてしまうと乾くのが遅くなりますし、次の日にも使うようなら湿ったま履くことになります

表面の汚れだけを落としましょう

 

乾燥

素材がゴムですので直射日光の当たる場所では劣化を早めてしまいます

で風通しのいい日陰で乾かすといいです

 

長靴の中は通気性があまりよくないので臭いの温床になりがちです

中もしっかり乾燥させましょう

中に新聞紙中に詰めたり

臭いを軽減させたいなら10円玉(銅)を入れたりしてください

温かい部屋に置くいて乾かせるのは良いのですが、ファンヒーターの前において乾燥を促すとゴムの劣化も早くなってしまいます

焦らずゆっくり乾燥させましょう

 

長期間使わない時は

しっかり水気、湿気が取れたら埃除けのためにもビニールの袋や、買ったときの箱に入れます

収納場所は日の当たらない場所で大丈夫です

折り曲げて保管すると曲げたところから割れてきたり劣化の原因になります

できるだけ伸ばした状態で保管するとよいでしょう

 

まとめ

きれいにしておけば次使うときにサッと使えるのは気持ちがいいはず

 

汚いままで置いておけば次に使うとき嫌な気分で履かないといけません

 

使いたいときに使えるように長靴に限らず手入れしておきたいものです

 

終わり

down

コメントする




リンク2

目標のハードルは低いほうがいい

ましまろ

いつまでたっても仕事に就けないのでブログ始めました  選ばなければ仕事はあるとかいうけど選ぶわ

検索

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  




リンク1